労働者を雇用する際は労働条件を明記し、労働契約を結びます。
 
雇用形態により労働契約書に記載される内容は変わります。
 
雇用している従業員が常時10名以上の場合、就業規則の作成及び管轄の労働基準監督署への提出が必要となります。就業規則を規程する場合、労働契約は簡易化し、就業規則に順ずることが通常です。
 
労働契約を明記する際は、労働基準法をはじめ法令で定められた基準を満たしていることが必要です。
 
私たちはお客様の既存の労働契約書のレビューや個々の状況に見合った労働契約書の作成等、お手伝いします。

社会保険業務ならびに関連アドバイスは、プロワークスグループ内のプロワークス社会保険労務士法人と協働して提供いたします。