有限責任事業組合は日本版LLPと呼ばれる事業体で、法人ではありませんが、有限責任の出資者による組合組織となります。

有限事業組合は、有限責任事業組合契約の締結等により成立します。
出資者は有限責任となり、またパス・スルー課税が適用されます。出資者同士の合意で組織内部のルールを自由に決定でき、組合自体には納税義務がなく出資者の利益分配に対して課税されます。組合員はビジネスにおいて積極的な関与が求められる為、ジョイントベンチャーや小規模な事業体に向いています。